第6回公開研究会

第6回「メディア宗教」公開研究会
大澤絢子著『「修養」の日本近代』書評会

 

日時:2023年7月30日(日)14:00~17:00
開催形態:対面開催、オンライン配信あり(いずれも事前申込が必要です)
対面会場:慶應義塾大学三田キャンパス
申し込み:6月に受け付けを開始します。
※この書評会は、対象書籍の学術的な検討を目的としています。


書評対象:
大澤絢子『「修養」の日本近代──自分磨きの150年をたどる』NHKブックス、2022年

www.nhk-book.co.jp


プログラム

趣旨説明
赤江達也(関西学院大学教授)


書評1 「自己啓発史の視点から」
酒井泰斗(会社員、ルーマン・フォーラム管理人、朝日カルチャーセンター「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」講師)


書評2 「企業と修養の視点から」
坂本慎一(PHP研究所 PHP理念経営研究センター 研究コーディネーター)


書評3 「宗教学の視点から」
島薗進東京大学名誉教授)

 

著者からのリプライ
大澤絢子(日本学術振興会特別研究員)


全体討議

主催:科研 基盤研究(C)「大正期の宗教的教養と女性たち──「メディア宗教」のジェンダー史的研究」(23K00080)